« 当記 | トップページ | 今後について »

第40

話の西郷どん

#「波乱の新政府」

遂に西郷隆盛が上京する。 岩倉卿が勅使として薩摩に下向した。西郷だけで無く国父たる久光にも上京せよと命じる。しかし、久光は咳が激しいようで自分は病気でとても上京できませんと固辞した。 傍らに控えていた大山はいつから国父様は病気だったのと思わず口にする。海江田はさあと一言。 その海江田に肩を貸してもらって久光はその場を退いた。
 
 西郷隆盛は結局、上京を決断した。その折りに岩倉卿と従道、大久保は廃藩を断行すると打ち明ける。新政府に金が無く、徴税権を旧藩主から取り上げるために。
 
 flair西郷は一計を案じる。天子さまの軍隊、御親兵を組織してはどうかと。➡ (* ̄ー ̄*)西郷さんて状況判断力は図抜けているんだよね。斉彬死後の久光への献策なんかあの通りにしたらもっと血を流さずに薩摩は人材残ったはず。 うしつぎは西郷さんて戦場の名将というより曹参、諸葛亮、蒋琬のタイプじゃないかと思ってますよ。
 
 従道が藩から有力な者を抜き取ってそれを武力に当てる兄の策に驚く。岩倉もそれはええわと賛意を示す。大久保もそれで頼むと隆盛に言う。隆盛もよろしくと頭を下げる。
 
 shadowchair熊吉を伴って上京した西郷隆盛。新政府の場に登場するが、佐賀土佐の者達から歓迎したわけでは無いとさっそく白眼視される。気にしない西郷さん。
 restaurant閣僚達で昼飯を馳走になる。西洋料理を皆で平らげるが西郷は戸惑う。その豪勢ぶりにすこし不安を覚える。
 後で西郷は大久保と二人きりになって会話する。急ぎすぎるのではと隆盛が言うが、一蔵はもう待てないと答える。一刻もはやく国造りをしないと駄目だと。おいに協力してくれと頼む。断れるはずも無い隆盛だった。
 
 ngしかし、隆盛は上の者達こそ質素倹約すべきと主張してはばからず。皆が困惑した。たまらずに岩倉卿も大久保に西郷に忠告してくれと酒の場で頼む。女を横に抱えての物言いに難色を示すが、大久保はとりあえず引き受ける。
 house大久保は隆盛の家にやってきた。政府の重職でありながら屋敷は質素であった。西郷さんは和服のまんまで洋服の一蔵と会話する。 一蔵の申し出は隆盛はとっくに見抜いていた。
 
 自分の主張で皆が困惑していることも。驚く大久保はそこまで分かっていながらなんで混乱させるのかと問う。 隆盛は上の者達が範を垂れなければ示しがつかない。いまの姿は横山安武の陳情そのまんまではないかと。
 だが一蔵も引き下がらない。他に方法が無いのだと。隆盛は苦衷を察するもやはり急ぎすぎると考える。
 
 強行突破するのが幕末からの大久保流! 木戸さんを誘い、公家さんも巻き込んで廃藩の詔を出させる。➡il||li _| ̄|○ il||liこの手口ってば大日本帝国でどれだけ使われたことか。。。昭和の軍部もやってたよねぇええ。 激怒して駆け込んできた佐賀土佐らの参議たち。勝手に進めるとはけしからんと猛抗議する。だが大久保は天子さまのご意向にさからうことはと突っぱねる。
       
 impactぶち切れた参議らはこんな政府とやっておれないと辞表をたたき付けて出て行こうとする。仰天する岩倉が引き留めようとする。 それどころか木戸さんは大久保に問いただす。君は私を嵌めたのかと苛立つ。
   
 shadow一触即発状態の場に西郷が一声挙げる。待ってくれと。 構わんと突っぱねる大久保。➡Σ(`0´*)ちょっ!!! あんた、また独りよがり癖出したんか。大山さんの忠告堪えてナインかい。 わいには吉之助さんが一人いればいいと答える。。。。
 
 それはあかんと隆盛が言う。こういうことばかりでは反乱が続発してしまうと言う。そのために西郷隆盛がいるのだと大久保は言い張る。 
 西郷はこういうことでは政府が信用されない。民のために、戦で死んでいった人達の責任を背負っているのだから一致団結せねばならないと言う。 真摯に哲理をきちんと説いて荒れる皆を説得する西郷隆盛であった。➡ヾ(;□;)э流石としか言い様がありません
 
 維新最大の功臣である男からの真摯な言葉に皆も踏みとどまったのだった。
 recycleまた二人で会話する大久保と西郷。 大久保は自分はどこから間違ったのかなと口にする。西郷はおはんはおはんのままでええと言う。
 何十年も先になって良かったと思える判断をおはんはしているんじゃろうと。一蔵はそうじゃと答える。 ならばそれでいいのだと西郷は無二の親友を励ます。
 riceball自分で握った握り飯を取り出して、一つを一蔵に与える。 とまどう一蔵だったが強引に手渡す西郷。その握り飯は雑穀混じりである。粗食であるが心がこもっているのが痛い程分かった一蔵は目を潤ませて旨いと言った。
 
 遂に廃藩が成った!!! 

|

« 当記 | トップページ | 今後について »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿コメント遅れて申し訳ありません。
>大半の藩は財政難のため素直に応じたそうです。

pencil裕福な藩ばかりじゃないですもんね。地理的状況だってありますしね。これは現在でも地方創生問題には欠かせない点でしょうね。

>明治政府の役人の給料が高いのに不満が募ると江戸時代の代官を悪者にしたとか。

 責任転嫁ですか。。。 西郷隆盛が憤激するのも最もですわね。

投稿: うしつぎ | 2018年11月 3日 (土) 10時45分

うしつぎさん、こんばんは。

廃藩置県が成りました。
久光のように悔しがる者もいたそうですけど、
大半の藩は財政難のため素直に応じたそうです。

新政府のお偉方は贅沢な暮らしをしております。
大久保とか贅沢していたそうですね。
明治政府の役人の給料が高いのに不満が募ると
江戸時代の代官を悪者にしたとか。
江戸時代の代官は仕事が急がしくて悪いことするヒマも
なかったそうです。
井上馨なんかも三井と組んで散々悪いことしたそうです。

西郷と大久保の間に温度差が生まれてきました。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年10月28日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/67322185

この記事へのトラックバック一覧です: 第40:

» 大河ドラマ『西郷どん』第四十回 [レベル999のFC2部屋]
『波乱の新政府』内容隆盛(鈴木亮平)が、東京行きの決意をする中、大久保(瑛太)岩倉(笑福亭鶴瓶)が、勅旨を携え、鹿児島城にやって来る。久光(青木崇高)に上京を促すためであった。しかし久光は拒絶する。隆盛が問い正したところ、大久保は藩の解体を考えていると答える。今のままでは、不満を抱く者たちによる反乱も起こりうると。すると隆盛は各藩から精鋭を集めた“軍”の創設を提案する。その後、熊吉(塚地武雅...... [続きを読む]

受信: 2018年10月28日 (日) 21時54分

» 【西郷どん】第40回 「波乱の新政府」感想 [ドラマ@見とり八段]
…新政府への不満が高まる中、大久保(瑛太)と岩倉(笑福亭鶴瓶)は、薩摩の久光(青木崇高)に上京を促す。大久保の態度に激怒する久光は固辞。大久保… [続きを読む]

受信: 2018年11月 5日 (月) 05時16分

» 西郷どん 第40話「波乱の新政府」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第40回「波乱の新政府」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年11月 5日 (月) 14時09分

« 当記 | トップページ | 今後について »