« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

第40

話の西郷どん

#「波乱の新政府」

続きを読む "第40"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

当記

浦島太郎と杜子春が同じように思えます。哲学でしょうか。時を忘れて富と財宝に囲まれて生きる孤独より周りと過ぎ去る時間と共に生きる共生が人間として良いのだと。
coldsweats01book最近、読書が面白い。読書が面白いとブログ更新は疎かになるのである。よってキングダム感想はまだ書き上がってないですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

曹操孟徳と小泉純一郎

2008/12/15作

続きを読む "後書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第39

話の西郷どん

 #「父、西郷隆盛」

続きを読む "第39"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

後書

深読み過剰から歴史を語る

キングダム』を毎週読むと、幼少期の忍耐って人生で凄く貴重なものなのだナァと感じる。

※ギアスの兄妹にとってもな。

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前書

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ朝が寒くなった。 rain秋の長雨はこれからか?? book読書に熱中するとブログが疎かになっていくなぁ。。。 

続きを読む "前書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前書

 angry今週のキングダムが拍子抜けしたので感想アップは来週に持ち越しした。撩陽終わったんだから朱海の方も進めてもらいたい。年内に古代中国でも屈指の重要拠点を陥落しないといけないのだから。
 weep西郷どんで二回泣いた。。。1回目は38回で吉次郎さんの献身ぶりは流石に堪えた。2回目は先々週のステラを読んでたら、大河のPが今後の展開について語り、その内容に胸の中で涙が流れた。。。 大河を見てきた人としてけじめのために最後まで見るが…、このネタバレで視聴意欲が60%になる。今後は戦術レベル【当番回の役者演技】次第であるが、戦略レベル【ストーリーの目的・脚本】は期待しなくなった。

 今秋開始のアニメ作品は((・(ェ)・;))あらかた切り落としました。

続きを読む "前書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第38

#「傷だらけの維新」

続きを読む "第38"

| | コメント (3) | トラックバック (4)

吉田松陰と沮授

有り余る智謀と志を持ちながら、立功に至らなかった栄華無き智将よ。。。

栄光が無いとのたまうつもりは毛頭無いわpencil 

 

続きを読む "吉田松陰と沮授"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い定めた図が外れるのが実戦

#575「届かない指示」

続きを読む "思い定めた図が外れるのが実戦"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「キングダム」全話感想者が実写映画のキャストで文句垂れている粗忽者共に言いたい。

(`◇´*)まだ最後まで見てもいないだろうが!!!  作品は読まなければ見なければ分からん。movie映画『るろうに剣心』だって言われたが、公開したら好評だったではないか。

 think原作の原作「キングダム」だって始めから人気があった漫画では無かったのだ。(うしつぎは一話から見続けてファンになったが、凄い作品と感じ入ったのは楊端和と信の場面であった) ※当blogキングダム感想記事参照。

 実写映画版「キングダム」決定を聞いたうしつぎの感想第一声は…、

続きを読む "「キングダム」全話感想者が実写映画のキャストで文句垂れている粗忽者共に言いたい。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

深読み過剰から歴史を語る!!

キングダムと大河ドラマの重なる舞台。2013年と2018年

 

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当記

体育の日。昨日の方が地元で運動会があった。ブログの下書き記事が大方整理がつく。

続きを読む "当記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

六将 李牧  〈深読み過剰から歴史を語る。〉

(゚m゚*)あながち的外れでもない。。。

 

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

今週のヤンジャンは「キングダム」お休み。遂に鄴奪還の一角を崩した。

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

司馬仲達を蜀に亡命させた超・諸葛亮。

 

続きを読む "後書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »