« 第43 | トップページ | 後書 »

第44

回の西郷どん

#44「士族たちの動乱」
 帰郷した西郷隆盛。 晴耕雨読の生活を送る。狩りに出たり、畑を耕し、書を書いたりしていた。
 
 dangerそこになんと桐野、篠原、別府までが薩摩に帰ってきてしまう。従道の指図で連れ戻すべく小兵衛まで薩摩の西郷の家に来る
 半ばあきれた西郷が東京に帰れと言う。しかし、桐野たちは逆に西郷さんにこそ東京に戻って欲しいと思ってきたのだった。彼らは自分たちは西郷先生のおかげで引き立てられたのだと。止むにやまれず西郷はとりあえず静観することになった。
 
 だが、それを知った不平士族達が薩摩に集まってきてしまう。鹿児島県令の大山はまずいことになったと頭を抱え、海江田も流石に渋面だった。
 
building東京では川路と村田が欧州から帰国してきた。さっそくに政府に戻ってみると薩摩の人達が殆どいない。どうしたのかと不審に思いつつ、大久保さんの下にいく。従道が兄を慕って多くの者が薩摩に戻ってしまったのだと嘆く。お二人とも薩摩に行こうと言うなとよ軽く釘を刺す。
 大久保は内務卿兼参議と独裁で近代化の政策を推し進めていた。欧州から帰ってきた二人に協力してくれと言う。村田がそれは命令ですかと問う。大久保はそうだと答える。
 
 村田はなんで造った政府を捨てて鹿児島に吉之助さんは帰ったのかと問う。大久保は自分の仕事は終わったと言っていたと答える。当然だが村田は釈然としない。川路は自分を引き立ててくれたのは西郷先生です。ですが国事は一時たりとも疎かにできませんとはっきり言う。
 
その時、岩倉が襲われたと報告が入る。驚いた大久保が駆け付けると斬られた岩倉が悲鳴を上げてる。斬りかかったのは土佐の連中だと。
 
 後日、調査でやはり土佐の連中だったと判明する。ほっとしたと三条は言うが、木戸はこれから他でも不平士族が反乱を起こすと言う。 特に危険なのは薩摩、流石の西郷くんでも何百人の不平士族を押さえるには荷が重い。それに大久保は西郷が立つことは無いと断言する。➡ι(´Д`υ)アセアセ韓信もそうだが才能ありすぎる人って身の回りに甘すぎるのよね。。。
 
 集まる不平士族達。東京に連れ戻そうとする桐野たちはいとさんに相談するが、一人前ならひとりで決断しなさいと逆に怒られる。➡(`◇´*)言われて当然だ!! 遂には村田新八も薩摩に戻ってきてしまう。➡⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク薩摩閥次世代の頭がぁああ 湯治やら大久保家への投石事件からやがて西郷は不平士族達の学校を作ると大山県令に金の無心をする。 dollar大山は結局、金を出す。coldsweats02しかも、税金で。。。
 
 impactそして、佐賀の乱勃発する。 end反乱は大久保自ら前線視察もあって政府軍が鎮圧した。 江藤は西郷さんの下に援軍協力を申し出るが、西郷さんはそれは私怨じゃとたしなめる。絶望した江藤は西郷家を去って土佐に行く。(だが土佐でも板垣が反乱など論外と怒っていた)
 捕縛された江藤は斬首されるどころか、晒し首にされた。過酷な処置に政府でも異論が起こる。木戸さんは特にこれはまずいと苦言を呈すが、これ以上反乱を起こさぬ為の処置であり、江藤さんの最後の仕事ですと大久保は平然と答える。側で聞いていた大隈は複雑であった。
 鹿児島でも江藤の晒し首は新聞で大々的に伝えられた。雪篷さんや西郷も流石にいい顔はしない。
 
 散々考える桐野。西郷先生に東京に戻ってきて欲しいと思うが西郷隆盛は政府に戻る気は無かった。 先生を不平士族に巻き込みたくない、だが江藤参議まで晒し首にした薄情政府にも戻りたくない。思案中に不平士族が酒を飲みながら西郷さんの腰抜け発言を聞いてしまいキレる桐野。 
 やはり彼は西郷先生から巣立ちできなかった。私学校で教えることに決める。私学校が動き始める。だが政府としては不安なので大久保は川路に密偵を増やすように命じる。流石に吉之助さんじゃとぼやく大久保。
 
|∀・) 宮内大臣・西郷隆盛という手が無かったかなぁと思う。古代中国では大傅という名誉職の形でさ。 三国志でも名将・司馬懿が大将軍から大傅になったし。
 
 それと桐野くんのその考えなら陸軍より海軍の海兵隊の方が良かったような気もしてきた。 海洋国家には海兵隊のような港湾切り込み部隊が是非とも必要だしね。示現流皆伝のあんたたちなら港制圧楽勝じゃねえ?

|

« 第43 | トップページ | 後書 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメント返信でございます。
>岩倉が土佐の不平士族に襲われました、ざまあないですね。

 ナレーションの人が主人公だった大河ドラマでは岩倉にあれはいかんかったと朝鮮派遣反対を後悔したシーンがありました。うしつぎも確かにあの時に朝鮮と一回でも話の機会を着けるべきだったと思ってます。この後の朝鮮がぐだぐだなので。。。ぐちゃぐちゃかな。

>私学校を設立する西郷さん。

 歴史を初めて学んだ頃は不平士族達のための厚生の感覚でした。未だにその感想は消えませんが、今ならば没落したプロイセンのベルリン大学みたいにすべきだったのではと政府の不勉強さと後悔がありますね。

 フィヒテが有名なベルリン大学。ナポレオンにボロボロにされたプロイセンの有志達が軍の再編のための教育機関として設立し、後に国立になりました。

投稿: うしつぎ | 2018年12月 2日 (日) 13時54分

うしつぎさん、こんばんは。

下野した西郷さんを追って桐野たちもやってきて
しまいました。
薩摩に不平士族が続々と集まってきます。

岩倉が土佐の不平士族に襲われました、ざまあないですね。

佐賀の乱勃発!しかし敢えなく鎮圧され江藤さん
斬られました。板垣は組みしなかったんですね。

私学校を設立する西郷さん。
この学校の不平士族に担がれてしまうんですよね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年11月28日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/67418440

この記事へのトラックバック一覧です: 第44:

» 大河ドラマ「西郷どん」 #44 士族たちの動乱 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
リアルタイムに観られなかったので、 簡単レビュー。 [続きを読む]

受信: 2018年11月25日 (日) 22時04分

» NHK大河ドラマ「西郷どん」第44回「士族たちの動乱」 [真田のよもやま話]
 タイトルとは全くもって無関係の別問題ですけど、大相撲・貴景勝関優勝おめでとうございました~~!師匠の問題がいろいろあった中、よく冷静に頑張った!感動したっ!…閑話休題(赤恥)… ゴホンゴホン、本筋に戻りますと、いろいろと脳内補完をしている昨今でございます。例えばほら、大久保どんの西欧での苦境とか、日本政府の対朝鮮の困惑とか、ちょいと調べて、ああそうだったのかと思って見直すとまあ、西郷どんや大久保どんの胸中がようやく腑に落ちまして候~。... [続きを読む]

受信: 2018年11月25日 (日) 23時27分

» 大河ドラマ「西郷どん」 #44 士族たちの動乱 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
リアルタイムに観られなかったので、 簡単レビュー。 [続きを読む]

受信: 2018年11月26日 (月) 06時11分

» 西郷どん 第44話「士族たちの動乱」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSを録画にて鑑賞。 第44回「士族たちの動乱」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年11月26日 (月) 13時56分

« 第43 | トップページ | 後書 »