« 後下記 | トップページ | 未だ力の疲れないうちに必死の戦いをしようではないか。 »

後書

pen大河ドラマの感想は来週まとめて書く。tv一応視聴はした。 視聴して思ったのはやはり黒船効果は明治であっても絶大であったと感じる。 大久保の掲げる近代化が黒船トラウマの攘夷運動の衝動と同じく思えるからだ。たとえその国家戦略が正しくとも。
 
 大久保だけでなく幕末明治の志士達は投影者たちではなかったか。寧ろ西郷さんは穏健派保守系というよりも黒船トラウマ投影から克服している人物では無かったかと思える。

|

« 後下記 | トップページ | 未だ力の疲れないうちに必死の戦いをしようではないか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/67398283

この記事へのトラックバック一覧です: 後書:

« 後下記 | トップページ | 未だ力の疲れないうちに必死の戦いをしようではないか。 »