« 後書 | トップページ | 最終回 »

第46

回の西郷どん
 
#「西南戦争」
 

西郷立つの知らせに仰天する東京。 三条公、岩倉卿、従道、木戸、大久保達。木戸は大久保に駆け寄り、本当に西郷君が先頭に立ったのかを確認するのが先だと必死に叫ぶ。周りの者達の暴発じゃ無いのかと。 大久保は何も言わない。

 従道は兄が立ったのは間違いない、だがその理由が分からないと答える。崩れ落ちる木戸。どうすればいいと岩倉が大久保にきく。 大久保は三条と岩倉に天子様に西郷討伐の勅命を出して頂きたいと言う。
 
 熊本へ進む西郷達。しかし、熊本鎮台にいる新政府軍は西郷達を通さない。それどころか先に夜襲を仕掛ける。 対処した西郷達は捕虜に問いただす。捕虜から西郷達は逆賊とされその討伐が勅命で下されたと。 桐野達はうろたえるが西郷は大久保の真意を察した。 これで戦わずに熊本を通ることは出来なくなった。
 
 西南戦争 勇猛果敢な薩摩の士族に他の不平士族達が西郷達に合流していく。だが新政府軍は兵数、武器、海上からの砲撃と物量・兵站で圧倒していく。 ただ、抜刀において新政府軍は押されていた。
 川路はすぐに自分たちで抜刀隊を組織して西郷軍と戦う。そして、先ず篠原が戦死した。➡御親兵の練兵で明治天皇にも褒められた程の逸材。 
 
 つづいて菊次郎を庇って小兵衛が戦死した。その際に菊次郎も右足を撃たれる。田原坂は突破され、西郷軍は押されていった。
 
 西郷軍に降伏を促すように勅使が島津久光の下に来る。久光は先に政府からシサツしに来たそうですが、どのような意味でしょうかと問う。勅使は答えられない。久光は西郷は道理を大事にする男ですと答える。 
 
 東京に連行されたのは大山元鹿児島県知事。牢獄の中にいたが、そこに大久保が来た。 大山は大久保と話をさせろと何度も訴えていたのだ。
 大山は西郷の陳情を見せようとしたが、大久保はすでに分かっていると答える。ならばどうして戦になるのか、二人で話し合いをするだけなのにと。 大久保は親友である前に逆賊であるという。
 大山はお前を変えたのは何だと問う。大久保は西郷が生きている限り不平士族は無くならない、西郷とその仲間達を倒して最後の不平士族達の反乱とすると。質問に答えていないだろうがと大山は怒る。 大久保は儂が政府じゃと切り捨てる。
 対話が成立しないと観念した大山はこれがお前を見る最後じゃなと言う。大久保は一礼して去った。大山は先に待っておるで、天国に行ったらひっつかまえて地獄に引きずり下ろすでと叫ぶ。➡斬首か。。
 
 東京に残る従道に大久保は命令を下さない。鬱屈としている従道は大久保の意図は分からない、こんなことならば薩摩に兄と帰って戦すれば良かったと言う。それを聞いた妻は血相を変えてそれだけは辞めてくださいと土下座する。あなたまで逆賊になって欲しくは無いと訴える。
 
 木戸孝允病死。維新の三傑にして長州派頭領は西郷を案じて亡くなった。
 
 薩摩にも新政府軍の手が届く。従道の命で西郷家の者達に東京へ避難するようにと身支度を勧める。しかし、妻いとは夫が戦場に行っているのに家族が帰りを待たぬわけにはいきません。お情けは受けません。お引き取りをと拒絶する。 兵の一人が怒って強引に動こうとするが、隊長の人はそれを制してその場から立ち去る。
 途端い腰が抜けた糸。その時に変装した桂が現れる。桂の口から小兵衛の戦死、菊次郎の重傷を伝えられ、皆は動揺する。
 
 敗走する西郷軍は九州を流浪していった。 菊次郎は片足を切る羽目に。熊吉は涙する。 兵数も少なくなり、西郷は西郷軍の解散を告げる。
 
生きたい者は降伏して生きればいい、死にたいものは死んでもいい。それぞれ自分たちの意思に従えと。 皆は涙を流す。
 
お約束のイベント発生。。。 西郷の下に妻いとが駆け付ける。最後の抱擁と会話をする二人であった。
 
(´;ω;`)ウウ・・・次回が最終回。 西郷と大久保。うしつぎはどう見ても下がれないのは大久保であって西郷では無かったと思います。 下がれない大久保を見ると商鞅とかぶるなぁ
 

|

« 後書 | トップページ | 最終回 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
抜刀隊には元会津藩の者達も参加していた。これは某大河ドラマでもやったなぁ。。。
明治天皇は勅命を出したが信頼ひとかたならぬ西郷との戦いで協力したくなくてお籠もりしていたとか。 日本人なら勅による追討令と逆賊扱いは最悪なのはこれ以前の日本史が示すとおり。が、明治天皇は解除する気満々だったろうなと思う。先例に承久の乱もあるからなぁ。

投稿: うしつぎ | 2018年12月15日 (土) 22時01分

うしつぎさん、こんばんは。

西郷さんついに立ちまあした。
三条はいつの間にか病気治ったんですね。

抜刀隊というのは本当に川路さんが組織したそうですね。
双方とも多大な犠牲者を出したそうです。

久光は使節にイヤミ言ってましたが、実際は我関せずの
態度だったそうです。

木戸さんあっけなく病死ですね、あう。


投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年12月14日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第46:

» NHK大河ドラマ「西郷どん」第46回「西南戦争」 [真田のよもやま話]
政府に尋問の筋有之!とうとう兵を率いて上京しちゃった西郷どん隆盛様!大久保どんは怒り悲しみ、ないごてじゃ吉之助さぁ~…って、あんたがまいた種じゃんかよ!ゆーよね大久保一蔵利通様!どんだけ~?... [続きを読む]

受信: 2018年12月 9日 (日) 21時56分

» 大河ドラマ「西郷どん」 #46 西南戦争 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
江戸に訴えに出た西郷。 動揺する明治政府。 それを反乱ととらえ、大久保は西郷討伐の詔を要求します。 [続きを読む]

受信: 2018年12月10日 (月) 05時33分

» 西郷どん 第46話「西南戦争」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSを録画にて鑑賞。 第46回「西南戦争」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年12月11日 (火) 12時24分

« 後書 | トップページ | 最終回 »