« 見せしめの政治学 | トップページ | 後書 »

後書

hospital近況では健診を済ませてほっとする。結果がほっと出来るかは分からんが…。 tv大河ドラマ「西郷どん」もあと二回。TBが殆ど届かないのがつまらんが止む得ず。
 
今年の大河視聴率は低いそうだが、これは視聴世代の価値観が大きく物を言っているので歴史をばさら遊戯要素から入れる彼らにはまずまともに視聴しないだろうと思う。 
 
ただ、うしつぎとしてはNHKPの台詞通りなのだろうとの予想より嬉しい誤算だったなと今年の大河ドラマは好感触でした。 主役の西郷さんが前向きで明るいことが一番でかかった。 「翔ぶが如く」では生真面目西郷さんでしたが、「西郷どん」の西郷さんが実は史実に近いのかもとドラマの影響を受けている状態であります(大笑い)。
貴の岩が現役引退。 被害者が加害者となってあわれ。力士もプロレスらーと認識を改める必要がある。 それはともかく、うしつぎは相撲の場所数が多すぎると思っている。
 
日露外交。端っからうしつぎは期待していないと言っているままである。外交の足下がどこにあるのか。
 

|

« 見せしめの政治学 | トップページ | 後書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>今年の大河視聴率低いんですね。

 私は大河ドラマは今年で本当に最後になりそうです。

>ロシアは北方領土にアメリカの基地作られるのを恐れて返さないそうです。
 
 さもあらんですね。まあ本当に日本が北方領土問題を解決しようとするなら「北方領土」にこだわるのは早計でしょうねとうしつぎは代案ありきで思ってます。
 それはネットで騒がれている“先に二島返還による平和条約締結からスタートする”ではありません。

新年に新しいブログに書く予定です。

投稿: うしつぎ | 2018年12月 9日 (日) 21時18分

うしつぎさん、こんばんは。

今年の大河視聴率低いんですね。
私としてはまあまあかな、と思います。
黒田官兵衛などはおもしろかったですが。

北方領土返還は日本がアメリカの植民地になっている限り難しいでしょう。
ロシアは北方領土にアメリカの基地作られるのを恐れて返さないそうです。

前にも書きましたが麻生太郎はフランスロスチャイルド家と繋がりがあり、
麻生の娘はアレクサンドル・ロスチャイルドという人物と結婚(!)しているそうです。
このアレクサンドルはフランス当主ディヴィッド・ロスチャイルドの息子です。
そして、日本の水利権を全てベリダスという会社に売り渡そうとしているそうです。
早く逮捕されてほしいですね。

また、日産の元会長カルロス・ゴーンは
日産をフランスルノーの売り渡そうとしていたため逮捕されたそうです。
そして、ロスチャイルドの代理人マクロンが追いつめられています。
反政府デモが多発しマクロンは支持を失っています。
同じくロスチャイルドの代理人メルケルももう辞めますし。

あと、大悪魔パパブッシュついに地獄に落ちましたね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年12月 8日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/67461178

この記事へのトラックバック一覧です: 後書:

« 見せしめの政治学 | トップページ | 後書 »