« 七日感 | トップページ | 09月22日 »

偉業の差異

大リーグで絶賛活躍中の大谷翔平さんと日本人で初の米国での弁護士として大手法律事務所に就職が決まった小室圭さん

 

どちらが偉業として相応しい記録でしょうか?

(*゜ー゜*)論を待たず大谷翔平さんであります。 欧米諸国は日本と異なり貴族優遇措置は社会に存在します。小室圭さんは確かに能力として認められるのでしょう。それでもやはりあちらの世界では愛子様の配偶者という点は抜かすことは出来ませんし、あり得ません。

 大谷翔平さんは徒手空拳、裸一本の実力のみでの評価ですから圧倒的な力としか言いようがない。

 日本一統の前で源頼朝と豊臣秀吉以上の差位があると思います。

| |

« 七日感 | トップページ | 09月22日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七日感 | トップページ | 09月22日 »