始皇さらば

吉田松陰と沮授

有り余る智謀と志を持ちながら、立功に至らなかった栄華無き智将よ。。。

栄光が無いとのたまうつもりは毛頭無いわpencil 

 

続きを読む "吉田松陰と沮授"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「キングダム」全話感想者が実写映画のキャストで文句垂れている粗忽者共に言いたい。

(`◇´*)まだ最後まで見てもいないだろうが!!!  作品は読まなければ見なければ分からん。movie映画『るろうに剣心』だって言われたが、公開したら好評だったではないか。

 think原作の原作「キングダム」だって始めから人気があった漫画では無かったのだ。(うしつぎは一話から見続けてファンになったが、凄い作品と感じ入ったのは楊端和と信の場面であった) ※当blogキングダム感想記事参照。

 実写映画版「キングダム」決定を聞いたうしつぎの感想第一声は…、

続きを読む "「キングダム」全話感想者が実写映画のキャストで文句垂れている粗忽者共に言いたい。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

深読み過剰から歴史を語る!!

キングダムと大河ドラマの重なる舞台。2013年と2018年

 

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

六将 李牧  〈深読み過剰から歴史を語る。〉

(゚m゚*)あながち的外れでもない。。。

 

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

司馬仲達を蜀に亡命させた超・諸葛亮。

 

続きを読む "後書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再版書

国士無双と天下無双の共通点。

どちらも『史記』参照

続きを読む "再版書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

人生を露とたとえた天下人ご両人。

2014年作

 

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

昌平君の凄さ。

会戦を避けたのは凄い。これはおそらく合従軍の唯一成功戦を参考にしたのだろう。斉軍は合従軍相手に会戦を仕掛けて敗北を喫した。

ナポレオン。各個撃破もできるはずだったが、函谷関という要害があるのでその案も捨てたのだ。

被害者と言いだしっぺが一番前線に出る。これは李牧がやるべきものだった。

ワーテルローでのウェリントン軍、合従軍成功戦の軍神・楽毅軍。

春申君が明らかにでしゃばって過失を犯したのだ。

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再版書

深読み過剰から歴史を語る

遠交近攻について

続きを読む "再版書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再版書

深読み過剰から歴史を語る  

本当にそういう異名をもらったかどうか知らないが、趙三大天について語る。彼らの経歴をみて最初に思ったことが…、

続きを読む "再版書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)